読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうどうにでもな~れブログ in オーストラリア

そう思うようになってから、意外とどうにかなっている日々 IN オーストラリア!

信じる者は救われる?

  カルマという言葉がある。この世での行いは良いことであろうが悪いことであろうが自分に返ってくるという意味の言葉。

 

カルマを信じない人もいる。私はその人たちを批判するつもりは全くないし、カルマを信じないからと言って何か損をするとか悪いことが起こるなどとは思わない。ただ、私はカルマを信じる。信じたい。因果応報はあると思う。そう思う理由は特に宗教への信仰心が強いからでは無く、今までの人生での経験からそう思ってないとやってられないからだ。

 

昨日は特にこれは良いカルマだな~と思うことがあった。昨日夫とショッピングモールに行って、iPhoneをトイレの個室に置いてきてしまった。絶対に失くなってると思ったんだけどどなたか心優しい方がセキュリティオフィスまで届けてくれたみたいで、なんと自分の元に返ってきた。本当にラッキーだと思う。というか本当にバカなことをした。これからはトイレではスマホは鞄から出さないとここで誓う。iPhoneを置き忘れたことに気づいたのは40分ほど経ってからだった。日曜の午後、混み混みのショッピングモール、40分の間で何人の女性があのトイレを使ったか? 住みやすい街メルボルンと言われているが、日本に比べたら治安は悪い。忘れ物に気づいてから5分以内に取りに戻らなかったら、普通は無くなってる。置き忘れたことに気づいた時夫にそれを伝えると「あーもうダメだね。失くなってる。諦めな。iPhone7だし絶対盗まれたよ。あーぁ・・・」と即言われた。普段超ポジティブ思考の夫にさえそう言われた。それほど、ここでは忘れ物を盗まれることが多いのだ。

 

だけど、幸いにも私のiPhoneは私の元へ戻ってきた。セキュリティスタッフのおじさんに「あなたはとってもラッキーだね。次からは気をつけなよこんなことなかなかないよ。」と言われた。

 

自分のことをよく出来た人間だとかとても良い人だとかは思わない。でも少なくとも出来る限り困ってる人や動物は助けるようにしてきた。悪いことしたら自分に返ってくるで!という母の言いつけを守り、真面目に生きてきた。結果、今までの人生言葉が悪いがホントクソみたいな日々もあったけど、でもそれは自分にも原因があったと思うし、今日みたいに本当に本当に困った時はいつも誰かが助けてくれた。

 

だからこれもカルマかな?と思う。