読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうどうにでもな~れブログ in オーストラリア

そう思うようになってから、意外とどうにかなっている日々 IN オーストラリア!

広い交友関係に向いてる人、向いてない人

昨日28度でしかも湿気があって蒸し暑い一日だったのに、今日は気温18度で風が強い。寒い。メルボルンの天気はほんと変わりやすいです。

 

今朝はウォーキングした。30分だけだったけど終わったあとは達成感に満ち溢れていた。(笑)久しぶりだったし、やっぱり歩いた後ってなんだかスッキリする。明日も朝早く起きれますように。

 

ところで人はそれぞれ何に関しても向き不向きがあって、友達を多くもつか少なくもつかも分かれると私は思う。で、友達が多いからなんだとか少ないからどうだとかは全くなくて、その人にあった交友関係なのであればそれがベストだよね。

 

個人的に最近ひとつ思ったことは、この友達が多い人(いろんな人といろんな付き合いをしたい人)と、友達が少ない人(人付き合いは慎重にしていきたい人)が関わりを持たざるを得ない時ってややこしい。

 

何があったかというと、私はこの友達が少ないパターンで、狭く深くお付き合いする方が好き。他にも、当たり障りない関係が清くて心地よいから、少しでもややこしいことが人間関係で起こると緊張するというか疲れてしまう(ー ー;) で、夫の友達の1人が私と真反対の人間で、いろんな人と交流するのが好きなタイプ。だから彼はよくホームパーティだのなんだのを開いて夫と私を誘ってくれる。

 

誘ってくれるのはとてもありがたいし嬉しい。でも私たちが行けないときもあるし、行きたくないときもある。正直、中にはできる限り関わりたくない人も数名いるから、親戚づきあいでもなければ仕事関係の人でもないし、会わないで済むなら会いたくない。

 

でも彼は特にだれかれ構わず誘うので、たまにその会いたくない人たちも、私たちも一緒に誘われる時がある。だから、私たちは行きたくないなーということで本音はもちろん隠すけど、何か適当に理由をつけて行けないと伝える。

 

すると彼は、なんで?付き合い悪いと言い出す。せっかく誘ったのに、友達の誕生日パーティーなのに、など言ってくる。

 

彼は間違ってないし、友達がたくさんいることは羨ましいと思う。でも彼には、世の中には違うタイプの人間もいるということを理解してほしい。確かに自分が人を選ぶ人間なのだから、自分が選ばれないときもある。私にとってそれは全く問題ない。だって自分も選んでるんだから。人生は一回きりだし、できるだけ好きな人だけと過ごしたい。合う合わないってあるし。

 

それとも私の考えが間違っているのだろうか?人として成長するためにもいろんな人と交流した方がいいのか?でも私にとってそれは、ストレスなんだけどなぁ。

 

なんとなく察してというのも不可能だよなぁ。(笑) だけど、あの人とは私関わりたくないから、なんて言えないし言いたくない。いくら自分に合わない人だからってそこまで失礼な発言はできない。

 

うーん。