読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうどうにでもな~れブログ in オーストラリア

そう思うようになってから、意外とどうにかなっている日々 IN オーストラリア!

人の気持ちは変わるもんです。

 

「人の気持ちは変わるもんです。それが普通です。それでいいんです。」  

 

子供の頃に、誰か大人にそう言われた。小学校の先生だったか、中学の先生だったか、習い事のコーチか、または母親か・・・。

 

今、私も大人になってこれは本当にそう思う。人の気持ちって変わる。しかもそれって普通で自然なこと。

 

私がオーストラリアに初めて来た日、それはそれは胸に夢と希望を詰め込んでやって来た。20年ちょっとだけどあまりついてない人生を日本では送ったので、こっちで一念発起してやる!と意気込んでいた。豆腐メンタルだけど、病院行って訓練したり、大学生の時はバイトで接客業をしたり日本ではしてきた。豆腐メンタルも治せると思ってた。こっちでは友達もたーくさんできると思っていた。

 

ところがどっこい、数年後にはすっかりひきこもり主婦に(._.) 

 

ひきこもりでも日々に楽しみがあればなんの問題もないと思うのだけど(それはひきこもりではなく、普通のインドア派主婦だと私は思う)、私にいたってはどよーんとした生活をぼーっと過ごしているだけだった。一応、その数年間でいろいろと挑戦はしてみたんだけど。

 

人の性格ってなかなか変わらない。

 

でも、最近は性格を変えるのは時間がかかるけど、人の気持ちはどんどん変わっていくなーと思う。

 

このブログを書き始めてから、少しずつ外に出るようになった。夫のお友達と顔を合わす機会を増やして、話すようになった。

 

今年に入ってから明るい気分の日も増えてきた。と言いつつ、一昨日にプチ鬱っぽいになったとこやけど(-_-) (だからパスタを爆食いした…)まぁそれも1日落ち込むだけ落ち込んで泣いたら治った。そんなもんだ。

 

昨日、オーストラリアに来たばかりの頃に私が働いてた日本食レストランのシェフが電話をかけてきた。突然のことでびっくりだったけど、電話にでた。

 

要件は別の話だったんだけど、それを話した後「最近どうですか」と聞いてみた。そしたら、彼自身のことやお店のことなど話してくれた。

 

電話を切ってしばらくぼーっとして、あーまた気持ちが変わっていってると分かった。今回は良い方向に変わっていってる。

 

お店が忙しいことと、彼や他のオーストラリアにきて頑張っている日本人の話を聞いて自分も頑張らないとなぁ〜と前向きに思えた。みんなみんないろいろあって、それでもいろんな思いを抱えて頑張ってるんだよなぁ。

 

「がんばろーぜー!」と彼が明るく言ったとき、以前だったら「人の気持ちも知らないくせに適当なこと言って」なんて捻くれたこと思ってただろうけど、昨日は素直にがんばりますって返事できた。あとタイミング的にも彼のテンション的にもありがとうございますと感謝した。彼は私より多忙で大変な日々を送ってると思う。

 

前にひきこもりを貫きたいから在宅ワークをしようと思っていたけど、彼と話してちょっと勇気をもらって、もう一度外で働いてみようかなぁと今考えている。

 

まず面接に受かるか分からんけど(._.) 

すぐに辞めてしまったらどうしよう(._.)

 

と今はまだやっぱりちょっとマイナス思考が頭の中をめぐるんだけど・・・やってみないと分からない!

 

またどうなるかその経過をブログに書いていく。

 

人の気持ちって、変わる。