読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうどうにでもな~れブログ in オーストラリア

そう思うようになってから、意外とどうにかなっている日々 IN オーストラリア!

豆腐メンタル人間に友達はまだいいや・・・

 

昨日食べすぎたかな。晩ご飯はもう少し減らした方がいいなぁ。夜の炭水化物を控えるようにする。

 

浮き沈みが激しい性格でほんと自分でもめんどくさいんだけど、今朝は気分がよくない。昨日の夜はまた寝付けなかったのであんまり寝てない。といっても4時間くらいは寝たかな。朝のウォーキングをサボってふて寝してやろうかと思ったが、身体はもう朝6時半に起きるリズムになってるのか、しんどいわりには自然と目が覚めた。ちょっと悩んだけど、ウォーキングをすることにした。

 

気分がよくない理由は昨日のブログの最後に書いたやつなんだけど、落ち込んでる(T-T) 昨日の夜に彼女からやっと返事がきた。一昨日、最初に私が「前に話してた美味しいレストラン今度行ってみない?」といった内容を送ったんだけど、その返事が「そうだねまた今度○○(私の夫)と△△(彼女のパートナー=夫の友達)と4人でディナーで行こう!」だった。

 

私的には2人でランチとして、もしくは夜ご飯でもいいんだけどとにかく2人で行くことを考えてたから、夫を通してではなく私から直接連絡したんだけど、あれ〜私とだけとは行きたくないんかな(^^;)と思った。やんわり断られてるような・・・

 

今まで夫と彼女のパートナーを通して何回か会って、結構話して距離が近づいたと思ってたんだけど・・・早かったか? 夫にこのことを話した。「嫌われてるかな?」と私が聞くと「それはないだろう。普段会ったときはいつも君の隣に座ってよく話してるし楽しそうにしてない?」と夫は言った。私もそう思ったから勇気をだして誘ってみたんだよ(T-T)

 

でもそれに続いて夫が

「もしかしたら君と2人だけで出かけるのはまだ気まずいのかもしれないね。それか僕たち(他人)の前では良い人を演じるけど、実際はもっと違う性格の人なのかもしれないし」

と言った。

 

夫なりのフォローだったんだろうけど、今それを言わなくてもよくないかと思った。気まずいって…そうなのかもしれんけどさ。もっと違う性格って、実は案外誰と交友関係を待つかハッキリ選ぶ人みたいな?だとしたら、選ばれなかった私はダメじゃないか。。

 

自分で相談しておいてわがままは承知なんだけど、もうこれからは夫にこういった相談ごとはやめようかなと思った。なんかいつも的が外れてるというか、今それを言わなくてもいいでしょ・・・こっちが余計に傷つくじゃんということを言ってくる。いや客観的にみたら、相談しておいて自分の思い通りの回答がもらえなかったからモヤモヤするんだろ自己中だと言われるのは分かる。ただ私的には、もっとこう「気にしすぎだよ〜。また時間あけて誘ってみるか、もうちょっとみんなでワイワイしてからもう一回誘ってみればいいじゃん」みたいな、そんな落ち込むなって!みたいな背中をポンと押してくれるアドバイスが欲しかったなと思う。元気を分けてくれるみたいな。

ハッキリ言ってくるのは文化の違いか。英語圏の人間だからか・・・?

 

上の自分で書いたアドバイスは今考えた。昨日はやんわり断られたことに対してのみドヨーンと落ち込んでいて前向きになれなかったけど、朝になってウォーキングをして頭が少し冴えて、自分で自分にアドバイスできるようになった。いやほんと気にしないのがいいよね。仕方ない。私から具体的にこの日がいいとか私たち二人だけでとか言わなかったし、最近忙しくて返事遅れてごめんねと言ってたから、年明けたじ本当に忙しいのかもしれない。彼らたちは数ヶ月前に自分たちの家を買って引っ越したばかりだし。

 

なんかもうしゃーないよね。

 

ちなみに私の返事は、「夫はそこのレストランあまり肉料理がなくて好きじゃないから、たぶん行かないと思う(^^;) もしあなたと彼が行きたいのなら二人で行ってきて!とても美味しいから。みんなではまた今度違うとこに行こう」と送った。夫は肉好きなのでこれは事実。こうやって返すくらいしかないよね?

 

とにかく、ただ一回友達に誘いを断られたくらいで(ハッキリ行きたくないと言われたわけではないんだが)、ここまで落ち込むっていう豆腐メンタルが今回の一番の問題だと思うんだよな。眠れなくなるほどって・・・病みすぎよな。(笑)

 

人と会う約束をするのは私には早かったかと思う。残念!だけど仕方がない。

もし、ここであえて自分を褒めるとしたら、今まで引きこもって人との関わりを避けてたのに、勇気をだして自分から誘ったのはがんばったと思う。そう思うようにしておこう!

 

ここまで書いてきて、ちょっとスッキリした。今は夫のことをウザいと思ってしまってる方が問題だ。彼は悪くないのに。でももうそっとしといてほしい・・・。