読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうどうにでもな~れブログ in オーストラリア

そう思うようになってから、意外とどうにかなっている日々 IN オーストラリア!

友達を作るには、まず自信を持つことから

  ということが、ネットの記事をいろいろ読んで最近分かった。自分に自信がない人と誰も友達になろうとしない。確かにそうかもしれない。

 

自信がないと、受け身で消極的になってしまって自分から話しかけたり誘わなくなる。すると人が離れていってしまう。

 

まさに今の自分だ。

 

私は自分に自信がない。「自分と話しても面白くないだろうなぁ」と思ってしまって自分から誰も誘わなくなってしまった。嫌われたらどうしようといつも心配してしまう。

 

で、自信を持つにはどうしたら良いのか?

それの最初のステップとして、だいたいそういった本やサイトでは「ありのままの自分を受け入れる」と書いてある。

 

自分を受け入れる。自分を認める。うーん。

私にとってまずこれらの意味が分からない。自分は自分で、自分の嫌いなところは嫌い。それ以上も以下もないと思う。そう思ってしまうけど、これではダメらしい。そこでさらにグーグル検索したところ、あるブログを見つけた。 

 

自分に優しくするってどういうこと?|恋愛テクニック

 

恋愛テクニックのブログで、記事は2012年のやつで、一見関係なさそうでしかも古そうな記事に思えるんだけど、自分に自信を持つにあたって良いヒントが書かれている。

 

自信を持つためには自分を受け入れることが大切。で、自分を受け入れるには自分に優しくなればいいそうだ。

 

そこでこのブログでは、自分に優しくするとはどういうことかについて書かれている。

 

自分に優しくすると聞くと、「それは自分を甘やかすことだ」と思ってしまう人がいるけれど(まさに私のことだが)、ことはもっと簡単で、人に優しくするように自分にも優しくすればいいだけのことらしい。人に優しくするとき、その人を甘やかしたいから優しくするのだろうか?違うと思う。単純に、相手のことを思って、優しくしたいから優しくするのだ。

 

私にも数は少ないけど、大切な人は何人かいる。母や夫、友達など。そういった人が困っていて相談されたとき、私はなんと声をかけるだろうか?どのようにして助かるだろうか?

 

少なくとも、絶対に見捨てはしないだろう。苦しんでいれば、しばらくはゆっくりしてればいいんじゃないと伝えるだろう。

 

それを自分にもしてあげたらいい。これが自分に優しくするということだ。

 

大切な人が自分の今の状況にあって困っていたとき、私はその人にどう優しくするだろうか?

 

これが自分に自信を持つための最初の最初の一歩である。

 

自信を持つようになったら、やりたいことが増える。それに挑戦するようなる。さまざまなことに興味をもち挑戦・努力してる人はキラキラして見える。

 

そのキラキラが他人にとっては魅力的で、人が寄ってくる。人が寄ってきたら、自分からも声をかける。すると仲が少しずつ深まっていく。 

 

こんな感じで、友達ってできるらしい。

 

らしいって、だって自分にはここオーストラリアで友達がいないからさ・・・(._.)

 

友達ほしいな〜。まずは、自分に優しくすることから。