読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうどうにでもな~れブログ in オーストラリア

そう思うようになってから、意外とどうにかなっている日々 IN オーストラリア!

幽霊の存在について個人的見解。

  昨日は久しぶりに街へ出て、友達と遊んだ。友達というか、あるスクールで出会った年上のお姉さん(日本人の方)で、いつも私の相手をしてくれる優しい人。

 

 気軽に話せるというか、心を開ける友達をなかなか作ることができない私にとって貴重な人である。1ヶ月ぶりに会って、夜ご飯を一緒に食べて一杯飲んだ。飲んだって私はカルピスサワーだけど。たくさんしゃべって楽しかった。

 

Yamato Japanese, CBD, Melbourne - Urbanspoon/Zomato

 

 

ここのYamatoという居酒屋に行った。このzomatoというサイトでは、3.6とまあまあな評価になっているが私はどの料理もシンプルで美味しいと思った。海外ということもあって、日本食を食べようとするとどこも高い所ばっかりなのだけど、ここはなかなかリーズナブル。また行きたい。メルボルンにお越しの際、もし居酒屋が恋しくなったらぜひここへ。

 

  そのお姉さんといろいろ話してて、ある時なぜか幽霊の話題になった。私は幽霊の存在について半信半疑である。いや正直あまり信じてないかもしれない。でも信じていないとは断言できない。

 

「いるんですかねぇ〜〜幽霊。どうなんすかねぇ〜〜」なんて私が軽く酔っ払いながらムニャムニャ言っていたら、お姉さんはふと真顔になって、

 

「いると思うよ。」

 

と一言つぶやいた。普段から冷静なお姉さんなんだけどこの瞬間はより一層、冷静な雰囲気を放っていた。突然だったもんだから私は少しテンパって「え・・・!あ、え、マジスカ」となぜかカタコトになった。

 

「え、もしかしてお姉さん見える人ですか」

と聞くと、「・・・うん、あんまり普段人には言わないけどね」とお姉さんは言った。

 

私は「へぇ〜そうなんですか〜」と平静を装ってありきたりな返事をしたが、内心は、

 

「マジっすか…!ここにも見える人おった!」

 

とテンションが上がっていた。(少し酔っていたからというのもある。)

 

だから私は幽霊はいないと断言できない。実は私の姉も見える人で、さらにいとこのお母さんも見える人なのである。しかも自分も何度か心霊体験をしている。

 

でもさーでもさー、見える人本人たちの前では言わないけど、正直半信半疑。自分の心霊体験は、脳みその錯覚だと思っている。なんで半信半疑というと、私はどちらかというとスピリチュアルなことより科学を信じるタイプだから。単純に、科学は実験や調査に基づいて実証されているから信じられる。でもスピリチュアルなことって、分からないじゃないですか。

 

そしてさらに、一番幽霊の存在を疑わしくする原因は、幽霊の話を聞くときっていっつも子どもとか髪の長い女とか老婆とかじゃないですか。

 

これが一番の原因です。だってほんとに幽霊がいるんだったら、いろんなタイプの幽霊がいてもいいじゃない。なんでハゲのデブオヤジの霊はいないの?深キョンみたいなセクシーな霊は?オカマの霊は?

 

そして何よりなんでイケメンマッチョの霊はいないの?なんでいつも男性の幽霊って青白い顔のやせ細った人なの?もし私がレオナルドディカプリオみたいなイケメン幽霊を見たら、頼むから家に住み着いてほしいと懇願するのに。そしたら家の中はパラダイスだ。いつでもイケメンを眺められる。夫には見えないから内緒にできる!

 

・・・そんなこんなで私は幽霊の存在について半信半疑である。いないとは断言しない。というか今思ったけど、本当に見える人たちってあまり多くを語りたがらないから、もしかしてイケメン幽霊も見えてるけど話してくれないだけなのかも・・・。そうだったとしたらずるい。

 

ちなみに、私は宇宙人の存在は強く信じている。あと、幽霊の存在は半信半疑だけど、ホラー映画は大好きである。