読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうどうにでもな~れブログ in オーストラリア

そう思うようになってから、意外とどうにかなっている日々 IN オーストラリア!

私が住んでる街メルボルン&私について

あれからまだ喉の調子は良くないままだけど、気持ちの方は良くなった。嬉しい。

 

喉がなかなか治らない原因は、空気がとても乾燥しているからとここ数日暑いからだと思う。オーストラリアはもうすぐ夏です。

f:id:drachi128:20161121131815p:image

今日は34度…。でも日本と違ってすごくカラッとしているからうだるような暑さではない。ただ暑い。明日からまた気温がガクッと下がる。こんなんだからすぐ体調崩すんだわ。

 

今日はなんとなく、私が住んでる街と私自身について書いてみようと思う。

 

私は、オーストラリアのメルボルンという都市に住んでいます。日本からは約8000km離れていて、飛行機でおよそ9時間かかるところにあります。

メルボルンは「世界で最も住みやすい街」というランキングによく上位に選ばれてて、確か今年も1位だったような? ハッキリ覚えていませんが…。というか誰が決めてるんだろうこのランキング。

だけどメルボルンは住みやすい街だと私もすごく思います。とても国際的な街で、いろーんな人種の方が住んでいます。なのでレストランでも世界中のさまざまな料理が楽しめます。私はなんやかんやで日本食が一番好きですが(^^;) 観光の際には楽しんじゃないかな。

メルボルンはそんなかんじでたくさんの人種と文化で成り立っているので、日本のように統一された文化というものを感じません。だから海外から越してきても住みやすいのかな?と思います。疎外感をあんまり感じないから。なんせみんなバラバラなので(^^)

それからメルボルンは、上に書いたように天候がとても変わりやすい地域で、服装の調整が少し難しいときがあります。でも逆にいえば、真夏と真冬以外は自分の好きなものを着れます。タンクトップを着てる人の横にトレーナーを着てる人がいてもなんらおかしくありません。

 

 

次に私のことについて。私が初めてメルボルンに来たのは2年前で、留学でやってきました。その際に今の夫と出会い、一時帰国をしてる間に遠距離恋愛をしました。そして去年の末にメルボルンに帰ってきて今年入籍しました。子どもの時から英語を勉強するのが好きだったので、このように海外に住むのも何かの縁じゃないかなぁと思っています。

 

私は関西出身で、実際はコテコテの関西弁をしゃべります。だけどなんとなく今までの記事は標準語で書いています。過去の自分の記事を読み返すとなんだか自分じゃないみたいでちょっと恥ずかしい。(笑)

 

年齢ですが、私は23歳です。今時にしては早くに結婚したかなと思いますが、後悔はしていません。大卒なのに今主婦ニートをしていることについてはいまだ悩んでいます。(-_-)

 

夫はベトナム系オーストラリア人で、ベトナム戦争により難民として赤ちゃんの頃夫の家族と一緒にオーストラリアへやってきました。バイリンガルがとても羨ましいです。夫のご両親やその世代の方はほとんどベトナム語しか話せないので、私はコミュニケーションがとれません。近々ベトナム語も勉強する予定…(^^;)

 

いろいろ書いていたら長くなりました。

仕事を辞めてから1ヶ月半、暗い生活を送ってきたけどだいぶ調子も戻ってきたのでこれからは少しずつ明るい内容の記事を書いていきたいな。もっとメルボルンでの生活について紹介したい。あといつかニートを卒業してブログのタイトルも変えたい。

 

そんなかんじかなぁ〜